上本町の歯科医院・歯医者|完全個室完備のうえほんまち歯科|近鉄上本町駅 徒歩2分

うえほんまち歯科

削らない治療No Sharpen

  • HOME
  • 削らない治療

できるかぎり削らない治療

歯科治療といえば「歯を削る」というのが当たり前だと思っていませんか?

確かに虫歯になった部分を取り除いたり、詰め物や被せ物を入れたりするためにはどうしても歯を一定量削る必要があります。

しかし歯には再生する能力が備わっていないため、一度削ってしまった歯を元の状態に戻すことはできません。また余分に歯を削ってしまうことは歯へのダメージも大きく、結果的に歯の寿命を短くしてしまいます。

皆様にいつまでも自分の歯で美味しく食べる幸せを感じていただきたい。
皆様に1本でも多くの歯を残してもらいたい。

当院ではその願いを実現するため、以下に示すような「できるかぎり歯を削らない治療」に取り組んでおります。

ドックベストセメントを使った「削らない虫歯治療」

ドックベストセメントはアメリカの歯科医師が開発し、ADA(アメリカ歯科医師会)において安全性の高い薬剤として許可されている歯科用セメントです。

ドックベストセメントの特徴は銅イオンと鉄イオンの相乗効果による強い殺菌力にあり、歯を削らずに虫歯が治せると近年注目を集めています。

当院でもこのドックベストセメントを使用し、できるだけ歯を削らずに歯への負担を軽減させる虫歯治療に取り組んでおります。

削る歯の量を最小限にするドックベストセメント
ドックベストセメント

従来の虫歯治療は、虫歯になった歯質にくわえて周囲の歯質も余分に削ることが基本となっています。なぜなら目には見えない虫歯菌が、虫歯になった部位以外の歯質にも感染している恐れがあるからです。もし虫歯菌を取り残してしまえば治療後に虫歯が再発する恐れがあるため、予防的な意味を含めて多めに歯を削らなければならないのです。

ただ仕方がない処置とはいえ、余計に歯を削るということはそれだけ歯に対するダメージが大きくなります。虫歯になった歯でも将来的に長く維持するためには、できるかぎり歯質を多く残すことが理想的といえます。

虫歯を完璧に取り切るには歯を削らなければならない、しかしできるだけ歯質は多く残したい――虫歯治療のこのジレンマを解消してくれるのがドックベストセメントです。従来は削り取るしか方法がなかった虫歯を、ドックベストセメントの強い殺菌力によって削らずに治すことが可能となります。

できるかぎり歯の神経も残す
歯の神経

虫歯が進行して歯の神経の近くにまで達してしまった場合、虫歯をすべて取り除くと神経の一部が露出してしまう可能性があります。歯を削った結果、神経の一部が表にでてしまうと、残念ながら神経を取る治療が必要となります。

しかし歯の神経を取るということは、そのまま歯の寿命を縮めてしまうことにつながってしまいます。その歯の寿命だけを考えるならば、できるかぎり歯の神経は残しておきたいものです。

ドックベストセメントを使用した虫歯治療は、このような大きな虫歯治療においてできる限り歯の神経を温存するのにも効果を発揮します。治療の際にあえて虫歯の一部を残しておき、その虫歯をドックベストセメントの殺菌力で無菌化することで、神経を傷つけずに残すことが可能です。

ドックベストセメントのメリット

ドックベストセメントの最大のメリットは「歯を削らなくてよい」という点ですが、削らない治療は同時に「痛みも少ない」という嬉しいメリットをもたらします。そのため痛みが苦手な方や小さなお子様に最適な虫歯治療といえるでしょう。
またドックベストセメントは銅やリン酸、鉄、亜鉛などのミネラルが主成分であるため、他の薬剤のような副作用の心配がありません。そのため薬剤のアレルギーが心配な方や妊婦の方でも安心して使用することができます。

ドックベストセメントのデメリット

ドックベストセメントはアメリカで広く利用される歯科用セメントですが、残念ながら日本ではまだ厚生労働省の認可がおりていません。そのためドックベストセメントを使用した虫歯治療は保険が適応されず、自費治療となります。
またドックベストセメントがいかに優れた材料だとしても、すべての症例において万能というわけではありません。すでに強い痛みがあるケースや、ドックベストセメントを使用しても痛みが取れないケースでは、従来どおり神経を取る治療が必要になる場合があります。

MTA覆髄治療(歯髄保存治療)

神経の近くまで進行した重度の虫歯は歯髄が炎症を起こしやすいため歯髄を保存する覆髄処置が必要になります。

しかし成功率がそれほど高くないため、結果的に神経を取る抜髄処置が必要になることもあります。そこでレジンやケイ酸カルシウムを含んだ「MTA」という覆髄治療の材料を用いて歯髄保存治療を行うと、高い確率で神経を残すことができます。

これにより、以前よりも神経を残す治療が可能となりました。

削らないブリッジ

当院では従来のブリッジにくわえて、歯を削らずに入れる削らないブリッジも取り扱っております。

不幸にして歯を1本失った場合、その両側に残った歯を削り、被せ物によって歯を補うのがブリッジ治療です。歯をただ補うだけであればそれほど難しくありませんが、歯は同時に「咬む」という機能を回復させなければなりません。

咬む力に対応するためには、ブリッジにそれなりの維持力が必要となります。そのため歯をある程度削って、ブリッジの強度や維持力を高めているのです。

しかし再三述べているように、歯を削ることはそれだけ歯へのダメージが大きくなります。特にブリッジは失った歯の咬む力を残っている歯によって負担しなければならないため、できるだけその歯へのダメージを小さくすることが重要となります。

『原田式ブリッジ』は従来のように残っている歯を削ることなく、失った歯を補う新しいブリッジ治療です。「ブリッジにしたいけど健康な歯は削りたくない」という方は、ぜひ一度ご相談ください。

Copyright ©上本町駅徒歩2分の歯科医院「うえほんまち歯科」 All Rights Reserved.