上本町の歯科医院・歯医者|完全個室完備のうえほんまち歯科|近鉄上本町駅 徒歩2分

うえほんまち歯科

お知らせInfomation

虫歯を発生させないために☆

こんにちは、うえほんまち歯科です。

皆さんはいつも、どんな時に歯みがきをしていますか?

朝起きてすぐ、食後、寝る前など…1日に何度か歯みがきを行うと思います。

虫歯や歯周病を予防するために歯みがきは避けて通ることはできませんが、そもそもの歯みがき方法が間違っていた場合、汚れをうまく落とすことができず虫歯が発生してしまうことも…(T . T)

そんな悲しいことが起きてしまわないよう、今回は

・虫歯のできやすい場所
・歯ブラシの正しい選び方
・正しいブラッシング方法

について、簡単にお伝えしていきます\\\\٩( ‘ω’ )و ////

◆虫歯のできやすい場所TOP3

虫歯になりやすい場所は、次の3カ所。
いずれも歯ブラシだけでは磨くのが難しい場所です。

虫歯のできやすい場所TOP3
①歯と歯の間
歯と歯の細い隙間に歯ブラシの毛先が入りにくく、歯垢が取りにくい

②奥歯の溝(咬合部:こうごうぶ)
形状が複雑で歯ブラシが届きにくく、隅々まで磨きにくい

③歯の根元(歯頚部:しけいぶ)
歯質が柔らかな根元は、歯垢が残って虫歯が進行しやすい

家の掃除をするとき、狭い場所や手の届きにくい場所を綺麗にするのにいろいろな掃除用具を使いますよね。

歯磨きも、歯ブラシだけでは6割ほどしか磨けないので、虫歯になりやすい場所に合わせて、デンタルフロスや歯間ブラシなどを使い、綺麗にしていきましょう(╹◡╹)♡

◆歯ブラシ選びのポイント

①ヘッドの大きさ
ブラシの大きさは、上の前歯2本くらいの大きさが目安です。
特に奥歯をしっかり磨きたい方には、奥まで届くように小さいものがオススメです。

②硬さ
歯茎が健康な方は、「ふつう」がオススメです。
歯茎が痛んでいる方は、「やわらかめ」がオススメです。

③交換のタイミング
ハブラシは使っているうちに徐々に毛先が拡がってしまったりコシが無くなってきますので、一ヶ月を目安に交換しましょう。

正しいブラッシング方法

持ち方 = 鉛筆を持つように
磨く強さ = 毛先が広がらないくらいを目安に優しく

歯に対してまっすぐハブラシの毛先を当てて、小刻みに振動させながら動かします。
※歯によって持ち方を変えたりして工夫し、1本ずつ磨くことが大事です!

◆最後に◆

歯の状態は人によって千差万別。
歯の健康を考えるなら、プロの個別ケアとメンテナンスが必要不可欠です。

定期的に歯科検診を受けていれば、磨いているつもりでも磨き足りない個所や、逆に強く磨き過ぎて傷ついている箇所、隠れた虫歯など…自分では気づけない問題を適切に改善できます。

歯科医院で、3カ月に1度は定期健診を受ける習慣をつけましょうヽ(*^ω^*)ノ

Copyright ©上本町駅徒歩2分の歯科医院「うえほんまち歯科」 All Rights Reserved.